脊柱管狭窄症

脊髄の中からくる症状

脊柱管狭窄症とはその名の通り脊柱(背骨の中)がなんらかによって狭くなり、神経を圧迫して痛みをおこす症状です。
おもに50歳以上の方に多く、女性より男性の方が発症しやすいと言われています。
また、脊柱管狭窄症の中でも主に3つにわかれており、神経根型・馬尾型・混合型と分かれます。
神経根型はお尻から脚につながる神経の根元が圧迫されて起こる症状です。
なので、圧迫している側の脚に痛みが出るのが一般的です。
馬尾型は馬尾神経と言う馬の尻尾みたいに何本にもわかれた神経が圧迫される事で両足に痛みが出ることが多いとされています。
また混合型はこの両方の神経が圧迫されている状態で、考えただけでも痛そうですね。
整体院などでは様々な治療法を提案しているところもあります。手術をするのか保存療法をするしかないと言われていますが、
手術は嫌だけど治したいという方は行ってみてもいいのではないでしょうか?
しかし狭窄症はナイーブな症状のため、下手な所にいくとかえって悪化する恐れもあるのでしっかり情報を集めて信頼できる整体院を探すことをおすすめします。

痛みが出たら東池袋のこちらの整体院へ行ってみよう