整体と梨状筋症候群

 

ところで、お尻の痛みを「ヘルニア」と診断されていたりしませんか?

・おしりから太ももの後ろ側、そしてふくらはぎにかけての痛みやしびれが起こる
・おしりを圧迫するような姿勢を取ると痛みが強く出てしまう

これらにあてはまる方はもしかしたらヘルニアではなく、梨状筋症候群の可能性が高いです!おしりの真ん中の方、骨盤の奥の方にある梨状筋という小さく短い筋肉がゆるんでいたり歪むことで、梨状筋のすぐ下を通っている太い神経「坐骨神経」を圧迫して起こると言われているこの症状は正式名称を梨状筋症候群と言いますが、「坐骨神経痛の一種」とも考えられています。坐骨神経痛は良く耳にする方は多いと思います。

この梨状筋、上でもお話ししたようにとても小さく短く、そしてとても奥の方で頑張っている筋肉なので、残念ながら表面にある筋肉の様に指が届くわけでもなく、治療家の先生でもこの分野に関してはばっちり施術ができる先生は意外と多くないです。一時的に治ったように感じでも、奥にあるということはそれだけ繊細に的確に施術してあげないと中途半オアになってしまい、戻りやすいのです。

わたしがお勧めするのは筋肉にしっかりアプローチしている整体にお世話になる事です。残念ながら整形外科は「ヘルニア」なんて診断する先生がいるくらいですから申し訳ないですがお勧めできません。おしりに何かしらの痛み・しびれを感じたら、信頼できる「筋肉」に対する施術が得意な整体の先生に掛かるのをお勧めします。足立区のクラランド整体院は信頼できる先生がいらっしゃいます。