片頭痛は風邪のときの頭痛とは違うのか

頭痛体質ではない人にとって、頭痛は風邪をひいたときのみ限定的に体験する痛みです。慢性的に起こるというのも、痛みの違いについてもピンと来ていないかもしれません。

日本人に多い頭痛とは?

日本人には頭痛持ちが多いと言われますが、頭痛の中でも血管性頭痛を指して言うことが多いようです。
日本頭痛学会において、片頭痛は頭痛発作を繰り返す病気で、4時間~72時間持続し、頭の片側にズキズキする痛みが起こるもの。痛みの強さは中~重度で、日常的な動作で悪化する場合があり、それに伴い、悪心や光・音過敏が起こるものとされています。
偏頭痛は慢性頭痛の一種で、頭の血管が拡張し炎症を起こすことで発生する頭痛を指します。ただし、最近は血管の問題のみが偏頭痛を引き起こすわけではなく、三叉神経が炎症を起こすことで血管の拡張が引き起こされ偏頭痛が発生するという説が注目されています。
もしも突然、いまだかつて経験がないひどい頭痛や、突如起こって短時間で痛みのピークに達するような頭痛、あるいは熱があったり手足の麻痺やしびれを伴ったりする場合、片頭痛ではなく重篤な病気が引き起こしている場合があります。速やかに専門医の診断を受けたほうがいいでしょう。

おすすめ病院

八重洲クリニック
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルディング2F
03-6202-3376
https://www.yaesu-noushinkeigeka.jp

おすすめ整骨院

こころ整骨院 美しが丘院
北海道札幌市清田区美しが丘四条5-1-5
011-378-9181

こころ整骨院発寒院
北海道札幌市西区発寒十三条4丁目13-62
011-215-5360

https://sapporo.takadanobaba-seitai.com

札幌市内に2店舗ある整骨院です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です